【 engawa young academy 】 メンターインタビュー パナソニック篇

#インタビュー

2019年11月より、engawa KYOTOにて始まった多業種合同インターンプログラムengawa young academy(以下、eya)。参加企業のメンターの皆様から、eyaに参加されての感想や参加された理由、また学生に知ってほしい企業の新たな一面などを伝えるために、各社インタビューを行います。第5回目は、パナソニックの黒田さん、若竹さんにお話を伺いました。
※第一回インタビュー(みずほFG)はこちら
 第二回インタビュー(日本たばこ産業)はこちら
 第三回インタビュー(積水ハウス)はこちら
 第四回インタビュー(島津製作所)はこちら

 

右奥) パナソニック リクルート&キャリアクリエイトセンター戦略企画課  黒田 健太朗さん
右手前) パナソニック 同センター タレントエクスペリエンス課  若竹 淳平さん
左)インタビュアー) 電通 京都BAC engawa young academy 事務局  
湊 康明

 

 ―まず、御社についてお伺いします。学生の皆さんに、パナソニックの意外と知られていないけど知ってもらいたいことはありますか?

若竹さん:やはり、事業領域の広さです。半年前、僕はパナソニックにキャリア入社しました。正直、入社前は家電だけの会社だと思っていました。しかし、家電だけにとどまらない住空間、街づくり、モビリティなど多様な事業領域がある事が入社の決め手の1つでした。まずは、その多様な事業領域が秘める可能性の大きさを学生さんに知ってもらいたいですね。また、多様化するこれからの“くらし”を創る新しい共創型プラットフォーム事業についても知ってもらいたいです。これまで培ってきた“くらし”のタッチポイントであるハードウェアを繋ぎ、そこにソフトウェアの力を掛け合わせることで一人ひとりにとってのよりよい''くらし''を実現していく。主な開発事例として、より自分らしい生活、より人間らしい社会を実現するくらしの統合プラットフォーム「HomeX」があります。この事業には、Googleの研究開発部門の立ち上げなどをしてきた松岡陽子さんが2019年10月から参画してくださっています。これまで積み重ねてきた技術力や人的リソースなどを最大限に活かしながら、変えるべきところは変え、パナソニックという枠を越えて「“くらし”をよりよくしたい」という同じ想いを持っている方々と共にこれからの“くらし”を創ろうとしています。

 

黒田さん:パナソニックはモノづくりを通じて、「今日のあたりまえ」を創ってきた会社だと思っています。パナソニックにはそれを表すようなエピソードが沢山あります。特に、家電が女性の社会進出を後押ししてきた話がすごく好きです。今から50年前って女性が社会で働くなんてありえないっていう時代で、家電が普及してしまったら女性は家事という労働から解放されて怠け者になるとか言われていたんです。今から考えると信じられないですよね。創業者 松下幸之助は製品を販売するための広告や宣伝は意義深いものであると考えてもいました。だから、新聞広告でも家電自体の機能を伝えるのではなく、家電によって女性が家事から解放されるという、その当時での「これからのいい未来」を訴えた企業広告を出しました。

ちょっと大げさかもしれないですが、そんな「いい今日」を創りたいという想いの積み重ねが、今日の女性が働くことを当たり前に選択できる世の中の後押しになったのかなと思っています。そんな「いい今日」を創りたいという想いを100年積み重ねていくなかで、パナソニックは家電だけでなく、家・学校・飛行機・工場含めくらし全般へお役立ちの領域を広げてきました。これが多角化企業である当社の歴史です。創業者の想いは、ブランドスローガン「A Better Life, A Better World」という言葉になって今日まで引き継がれています。そして、さらに次の100年で当社がどんな「あたりまえ」を作るのか、一緒にカタチ創っていきたいと思ってくれる方に関心を持ってもらえたらな、と思います。

 

若竹さん:そうですね、黒田君が言うように「A Better Life, A Better World」は「いい商品作って売ります」ではなく、今でいうデザイン思考のように「目の前の一人ひとりに寄り添って価値提供をしていく」ということを表していると思います。その価値提供手段がパナソニックには多くあり、それだけ挑戦のチャンスと可能性が多くある。そんな部分が伝わるといいなと思いますね。

 

―御社は、「採用から変革を起こす」とおっしゃっていますが、どのような想いからでしょうか?

若竹さん:採用部門の所長 萬田も様々な場面で発信していますが、働き方がこれだけ多様化している一方で、就職のやり方がこの60年間ほぼ変化していない。日本の大学生が置かれている「キャリア選択をする上でのアンフェアな環境」に対する危機感からです。企業と学生さんがもっとオープンで対等な関係の上で、本質的にキャリアや仕事の理解を深める機会を増やしていきたいと考えています。パナソニックがその着火剤や起点になれればいいなと思います。ただ、パナソニックだけで実現することは難しいです。だからこそ、他社、大学、学生さんと共に「新しい文化」を採用の観点でも共創していきたいと思っています。

 

黒田さん:また創業者の話になりますが、創業者 松下幸之助は、社員から「松下(現:パナソニック)は何を作る会社ですか」と聞かれた際に、「松下電器は人をつくるところでございます。併せて電機製品をつくっております。」と答えたという有名な話があります。これは、パナソニックに深く根付いた考え方だと思います。採用に話を戻すと、優秀な人を見つけて採用するって、ゼロサムゲームの奪い合いじゃないですか。人づくりを100年やってきた当社のノウハウがあれば、この違和感のあるゲームをよりよく変えられるのではないかと思っています。

学年や学校という枠組みを超え、キャリアや仕事について社会人と一緒に学べる機会によって、めちゃくちゃ学生さんが成長する様子も何度もみてきました。だから、社会全体でこういった成長できる機会を提供することができれば、日本全体で競争力の源泉である「様々な場面で活躍できる人」がどんどん増えていくのではないでしょうか。そういう社会の「今日のあたりまえ」をつくる起点になりたいというのがパナソニックの想いです。

 

パナソニックが提唱するミッションドリブン 〜人生100年時代の新・キャリア戦略〜
https://www.fastgrow.jp/articles/panasonic-manda-kouno

 

 

―それが異業種合同のインターンであるeyaに参加された企業としての意義なんですね。
では、ここからeyaについてお伺いしたいと思います。初日・2日目を終えてのご感想をお願いします。

黒田さん:まず、学生の皆さんそれぞれが何かしらの領域で飛びぬけていて、自分の二十代って何していたんだろうと思うばかりです(笑)。10年前だったら、今回集まってくれている36名の学生さんみたいに、学生のうちに起業したり、学生団体を作ったり、リーダーとして参画していたり…と色々な事をやっている人たちを同じ地域で集めることすら出来なったんじゃないかなと。ここに集まっている36人は社会や仕事、キャリアについて知るだけでなく、その先のことを考え、さらにその先にある自分が実現したい社会に向けてすでに行動を起こせている学生さんばかりが集まっています。そういった経験から出てくるアイデアや議論の質はハイレベルで聴いているだけでこちらが学ぶことばかりです。

 

若竹さん:異質性が高くていいですよね。かなり特殊な経験をしていたり、デザインが得意だったり、全員が別々の領域で飛びぬけているところに魅力を感じます。そして、それらが上手くチームとしてまとまった時に、さらに素敵な化学反応が起るのではないかと思うとワクワクします。

 

―初日、2日目と少しずつ個性がみえてきて面白いですよね。
では、初日の午前中、チームクリエイト※する学生達の様子を見てどう感じましたか?
※eya期間中のグループメンバーを、学生自身に決めてもらうプログラム

若竹さん:No.1よりOnly1という考え方が当たり前の時代を生きてきた彼らにとって、リアルなコミュニケーションの中ではっきりと否定される経験はそこまで無かったんじゃないかなと思います。プログラムの中で「チームになろう」と声を掛けても、断られるシーンもありましたよね。恐る恐る出した手を弾かれたそのあとに、どのようなコミュニケーションを取るかというところに個性がかなりでていました。正直、社会人になるとお客さんにはっきりと否定されたりすることも実際はありますよね。そういった経験に近いことを学生の時に経験できたことはきっと彼らのこれからの糧になると思います。

 

黒田さん:このコンテンツで大切なポイントは「自分で選んだメンバー」で作ったチームということ。少なくとも“5ヶ月間走りきる上で自分が納得して組んだチームにする為の禊”という文脈ではとても良かったなと思います。結局、自分が選んで作ったチームだからこそ、それが上手くいかないのも自分の責任という自覚をもって行動してほしいです。またその上で、それぞれのメンバーがリーダーシップを発揮してくれると、さらに成長したみなさんに会える気がしてワクワクしています。

学生にとって、eyaでの学びはワークショップに4、5回参加することだけではないです。「5 days」ではなく「5 months」の活動としてどう過ごすかが重要だと考えています。だから、engawaに来る日以外の時に、学生だけでどのようにチームをエンゲージしあい、メンバーの意見をすり合わせていけばチームがうまく機能するのかを意識してトライしてほしいなと思っています。5 monthsの学びを最大化するためにも、自分たちが自分たちの意志で作ったチームである事を意識しつつ、それぞれのメンバーがリーダーシップを発揮するようにサポートしていきたいと思います。

 

eya初日、学生と語る黒田さん

 

―学生がメンターを選ぶメンタードラフト※について、どう感じましたか?
※メンターが企業名を隠して、学生に対して自己紹介プレゼン。学生が希望するメンターを指名するプログラム

黒田さん:「百聞百見は一験に如かず」ですね。これも、創業者 松下幸之助の言葉なんですが、どれだけ聞いてみても、どれだけ見てみても、一回の経験にはかなわないということです。このプログラムでは、メンターである社会人が社名を隠して自分のアピールプレゼンをします。その後、各テーブルを渡り歩いて学生からヒアリングを受ける。これって、普段学生の皆さんが体験される面接と全く同じことですよね。正直、誰からも選ばれなかったらどうしようとか思って、めちゃくちゃ不安でした…。でも、学生の皆さんが目を見て暖かく話を聞いてくれて、それだけで救われた気分でした。次、学生さんと面談する機会があれば、この気持ちを絶対に忘れずに対応したいと思いました。相手の立場を理解するって実際に経験してみないと本当に理解しているとは言えないなって痛感しました。

 

若竹さん:企業名がバレないようにプレゼンをしなきゃいけないので、「当社は〇〇です」ではなく「私はこう思う」といった表現が求められていたのも印象的でした。そんな風に話す機会はなかなかないので、すごくいいなと思いました。あとは、黒田くんのプレゼンで「僕のやりたい事を言うと会社が分かってしまうので言えません!」が印象的でした。自分のwillと会社のwillが重なっているのが素晴らしいと思ったので、そこを伝えられる機会があるのはいいと思いました。

 

―学生から受けた印象的な質問はありますか?

黒田さん:「あなたはメンターとして、どうチームへ貢献してくれるか?」という質問をほとんどのチームからもらいました。これに違和感があって、与えられたものをどのように吸収するか、という教育に慣れすぎているのかなと思いました。だから、「僕のメンタリングチームには“オトナを使い倒す”ことを課します」と回答しておきました。

僕の周囲で活躍している同世代の共通点は、上司や周囲のメンバーを巻き込むスキルがずば抜けて高いということです。これはただ巻き込むというより、自分が実現したい未来のための仲間を増やす力がずば抜けていると表現したほうがいいかもしえません。だから、学生のみなさんには今のうちから「周囲を巻き込む=大人を使い倒す」を体得するために、僕たちメンターを使い倒す視点でコミュニケ―ションをしてほしいと伝えました。

 

―2日目のディベートプログラムについてはいかがでしたか?

 

2日目 ディベートプログラムの様子

 

黒田さん:ディベートのやり方とか、論理構築のための調査結果はもちろん、モノゴトの捉え方という観点でも面白い学びがあったんではないかなと思います。

例えば、ディベート大会では勝負が始まる直前で、A/Bどちらの立場で主張するかを決めます。その後、それぞれ選ばれた立場が正しいと主張し、相手を打ち負かそうと議論します。A/B逆の立場で戦ったとしても同じくらい白熱した戦いになるはずです。つまりこれって、「モノゴトはたった一つの真理があるわけでなく、二面性でどちらも正しいというロジックを並べられる」ということだということだと思います。
ディベート大会を通じて、そんなところまで気づけると今後の会議などでの意見の捉え方も変わってくるのではないでしょうか。そういった気づきに繋がるサポートをしたいなと思います。

 

若竹さん:興味深かったのは決勝戦ですね。突発的な問いに対して、ロジック対エモーションで互いにひるむことのない3分間の引き込まれるディベートでした。

 

 

―では、eyaを通じたご自身の成長としてどのようなことを期待されていますか?

黒田さん: 先ほどeyaに参加する学生さんが多種多様な経験を積み、それぞれの経験に基づいた強みをもっていると言いましたが、おそらく社会全体でみてもそういった学生さんが増えていると思います。そして、そんな学生さんが社会人となり、ゆくゆくはチームのメンバーとして僕と一緒に仕事をすることもあると思います。だから、そんな遠くない未来の予行練習として、eyaでは様々なチームエンゲージメントの試行錯誤をさせていただいています。どうしたら、そういった経験をしてきた学生さんの成長機会を最大化させ、チームや仕事にエンゲージしてもらえるか」を意識しながらコミュニケーションをとっています。将来、いいチームを作っていきたいですからね。一人の大人同士として、素直に僕のコミュニケーションの取り方についてフィードバックをもらえる所が、とても貴重な経験になっています。eyaは社会的意義もあるし、社会人として私が一番成長させてもらえるという点でも貴重な機会だと思っています。

 

―異業種が集まる取り組みの中で、刺激として期待されることはありますか?

黒田さん:業種が異なれば考え方とか大事にする価値観が変わると思うんです。そういう意味で様々な業界から参画するということは、多面的に色んな価値観に触れる機会提供に持ってこいだと思います。''いい''は絶対軸で定義できないですよね。採用のミッションって、いい人を採用するとかエンゲージするとかもそうですが、他に重要なのは「なぜこの業界・会社・職を選んだのか」について学生自身が納得して説明できる状態を作ることだと思います。その機会作りの手助けのためにも、異業種と一緒に取り組み相対的に見える状態の中から、選択した理由を学生が見つけてくれれば、それは採用の仕事の本質には近いんじゃないかなと思います。

 

―プログラムを通じて学生さんたちと接して、彼らに期待していることはなんですか?

黒田さん:先ほどもお伝えしましたが、大人を使い倒すことですね。そのスキルを身につけて、社会に出た時に活躍しまくれる人になってくれたらいいなと思います。地頭力だけではなく、どうやって大きなリソース(人・物・金・情報)を動かすのかという意味でも、どんどん大人を使い倒せるような人に育って欲しいです。
「早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け」という言葉のイメージに近いのかもしれません。

 

若竹さん:「これに本当にワクワクしているのか」が大切だと思っています。ワークがタスクになってしまうより、せっかくやるなら楽しくやる方がいいと思うんです。「あと1ヶ月もある」ではなく、「あと1ヶ月しかない」みたいな方が楽しいと思いますよね。

 

―最後にeyaの学生に向けてメッセージをお願いします。

黒田さん:メンターとしての担当は1つの班になりますが、それ以前に僕は、eyaのメンターとして参加しています。「大人を使い倒す」と言った以上、「他班の人も私を使い倒す」ということを考えていただければと思います。

 

 

 

RELATED

#インタビュー

【新連載!】スタートアップに聞いてみた(株)Stroly 高橋真知Co-CEO

今回から始まりました。新連載、スタートアップに聞いてみた。実は京都BACはスタートアップ企業との取り組みも多く、面白い視点でのサービス・プロダクト展開をされている企業の紹介やいまだから聞きたいことなど、いろいろお話してみる連載にしていきます。 第一回目は在京都の地図のイノベーションを起こす(株)StrolyからCo-CEOの高橋真知さんのインタビューです。 インタビュアーは京都BACの片山俊大さんでお送りします。   コロナ禍で、インタビューはオンラインにて行いました。笑顔が素敵な高橋Co-CEO。   京都BAC片山(以下、片山):Stroly(ストローリー)は、どのようなサービスを提供しているのでしょうか?    Stroly高橋さん(以下、高橋さん):世界中には、数えきれないほどの“地図”が存在しますよね。京都の地図、パリの地図、カフェマップ、手書きマップ、江戸の古地図、イベントマップ、遊園地マップなどなど、挙げ始めたらキリがない。しかし、それらの地図の多くは、いまだにデジタル化の恩恵を受けておらず、もっともっと地図が持つ魅力を活用・拡大することができると思います。 そこでStrolyでは、どんな地図でも誰でも簡単にオンライン上に登録することができ、デジタル化&GPS連動を通じてさまざまなインタラクティブな体験を提供するというプラットフォームを提供しています。これにより、いろんな個性・切り口をもつ地図たちに、デジタル化によるさまざまなメリットをもたらすことができるようになりました。   Strolyウェブサイトより   片山:Strolyは、どのような成り立ちですか?   高橋さん:Strolyとは、Stroll(散歩する)+Story(物語)を掛け合わせた造語です。元々はATRという研究所の社内ベンチャーとして立ち上げ、2016年6月に会社として独立、2度の資金調達を経て、現在創業4年目に入りました。2017年には、日本人唯一のSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト、以下SXSW)のファイナリストに選ばれ、SXSWの公式マップも手掛けております。社員も約半分は女性で1割以上が外国人、Google出身者など、初期の段階からグローバル&ダイバーシティを意識した体制となっております。   編集長註: SXSWとは? 毎年3月にアメリカのテキサス州オースティンで行なわれる、音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベントです。ここでファイナリストに選ばれることはとってもすごいことなんです!   片山:素敵な会社ですね。Strolyのサービス内容をもう少し詳しく教えてください。   高橋さん:Strolyのコンセプトは、“Share the way we see the world”(世界の見え方をシェアしよう)です。本来、同じ街や場所でも、100人いれば100通りの見え方がある。だからこそ、さまざまな視点で描かれた個性的な地図をもっと活用することで、社会をもっと楽しく豊かにすることができる。そのために、世界中に散らばっている地図をデジタル化してシェアする仕組みを提供しています。   Strolyのウェブサイトより。数多くの国から多数のクリエーターが地図を登録している。   地図をストローリーのプラットフォームに登録すると、簡単に位置情報を定義付けることができ、それにより、利用者はスマホ上でGPSと連動することで自分自身の位置情報がいて供されるのはもちろん、さまざまなお店や目的地の情報やクーポン等を提供することができます。つまり、登録したどんな地図であっても、デジタルならではの利便性を活用することができるようになるのです。ちなみに、イラストマップや古地図など、登録した地図の縮尺が大きく歪んでいたとしても、アルゴリズムで計算して位置情報を定義してくれます。   片山:多様性と利便性の両立ですね。   高橋さん:今では、世界50か国以上からさまざまな個性的な地図が投稿されています。たとえば、「ベトナムのサステナブルファッションに関する地図」とか「カリブ海の豊かさに関する地図」など、切り口がかなり独特・個性的な地図もあります。地図というものは、それぞれの国や人特有の文化を映し出す鏡と言えますし、それがシェアされることによるメリットや面白さは大いにあると思います。   片山:企業との連携などに関してはいかがでしょう?   高橋さん:既に多くの企業と連携をさせていていただいております。不動産デベロッパーと組んだエリアマップ、ゲーム会社とタイアップしたマップ、テレビ番組公式街歩きマップなど、さまざまな切り口の地図をプロデュースしてきました。ロックフェスティバルの公式マップでは、エリア内の屋台情報やトイレ情報などの必要情報をオンタイムで提供しました。 街を楽しみながらエンタテインメントや便利情報を提供することで、自然な流れで消費者の行動喚起、販売促進へとつなげることも可能です。   実際に登録されているタイアップ地図の一例。京都の世界観が表現されたオリジナル地図の上に、おすすめスポットがプロットされている。     電通との協業は? 片山:電通ともさまざまな連携を行っていますね?   高橋さん:ここ京都では、engawa Kyotoのイベントで登壇させていただいたり、Royal College of Art(以下、RCA)のアートシンキングのプログラムに参加させていただいたり、クロステックマネジメントとのコラボ企画を推進したりと、さまざまな連携をさせていただいています。また、電通本社を通じて、クライアント企業との連携等も進めております。   RCAを招いて行われたInnovation Masterclass in Kyotoの様子   編集長註: RCAを招いて実施したInnovation Masterclass in Kyotoの内容はこちらから! 世界が認めるフレームワークを使って未来の本質課題を開拓するワークショップレポート  前編   後編     気になる新型コロナの影響と新しい取り組みとは 片山:コロナ禍で世界は大きく変わりました。Strolyには影響ありますか?   高橋さん:もちろん影響はあります。そもそも人が家に閉じこもっていますからね(笑)。しかし、私たちは悲観していません。そもそもStrolyは、デジタルプラットフォームですから。これからは、Strolyにとって2つのチャンスがあると思います。1つ目が「ローカルの再発見」、2つ目が「バーチャル散歩・旅行」です。   片山:「ローカルの再発見」とは何でしょう?   高橋さん:今回のコロナ禍で、人々は、“自宅の半径〇〇m以内”といったような、ローカルの範囲内で生活することを強いられています。そして、地元のスーパーに行き、地元のレストランでテイクアウトし、地元の公園で息抜きをする。その際、地元に関するいろんな情報が必要になると思います。例えば、スーパーの混雑具合を知りたいだとか、テイクアウトを始めたレストランのメニューや時間を知りたいだとか、そういったさまざまな“ローカルの情報”に関するニーズなどです。そういったニーズに対応したマップを、これから多く手掛けていきたいと思います。これからますます“地元愛”が高まると思いますから。   片山:「バーチャル散歩・旅行」とは何でしょう?   高橋さん:これからは、“リアル”な散歩・旅行に加え、“バーチャル”な散歩・旅行も、普通に行われるようになると思います。バーチャル空間を訪れて散歩し、そこで買い物をし、人と出会う。さまざまなプラットフォームを通じて、そういった行動が急増しています。そういった、バーチャル散歩・旅行に対応した、オンライン上だけでも十分に楽しめ活用できる地図サービスを積極的に提供したいと思います。 残念ながら中止となってしまいましたが、先日、SXSW 2020のイベント周辺マップを企画プロデュースしました。元々は、Stroly上のマップがリアル空間と連動するよう設計されていましたが、そもそもリアルが中止になってしまったので、方針転換して、バーチャルのみで楽しめるマップを提供しました。今後は、オンライン上で音楽イベントを行ったり、物販を行ったりするなど、オンライン上ででも盛り上げていければと思います。また、そのマップ自体、アーティスト田中 紳次郎さんオリジナル制作の、アート作品なのです。“デジタル&インタラクティブな機能をもつ地図”のアート作品は、人類史上初だと思います。(笑)   アーティスト田中 紳次郎さんオリジナル制作によるバーチャルSXSW2020の地図。会場とイベントが地図上にプロットされている。   同じオースティンの地図でもNight Map(夜を楽しむ地図)、Music Map(音楽イベントの地図)などバリエーションから選べ、同じエリアでも違うクリエーター、違うスポットが紹介されている   片山:夢が広がりますね。最後に、Strolyの未来ビジョンについてお聞かせください。   高橋さん:私たちは、起業当初からずっとグローバルに照準を合わせてサービスを展開してきました。しかし、それでもなお、これまでは国内の比重が高かったと言わざるを得ません。今回のコロナ禍を受けて、リスク分散の観点も含め、完全なグローバルサービスへとシフトしていこうと考えております。 また、昨今ますます世界全体が分断され混沌としてきていますが、私たちは“Share the way we see the world”(世界の見え方をシェアしよう)というコンセプトを活かし、さまざまな文化シェアし、それを発見し楽しむことで、世界平和へ一歩でも繋がればと想っています。   片山:本日は素敵なお話しありがとうございました。   高橋さん:こちらこそありがとうございました!   編集長後記 地図という機能が求められる情報にアートを掛け合わせたデジタルイノベーションという素晴らしいアイデアを事業化されているStrolyさん。コロナ禍で人が外に出ないという“地図”には厳しい状況の中、それを逆手にとったあっぱれな新サービスに転換されました。そんなStrolyさんのさらなる快進撃に今後も大注目です!    

#インタビュー

【 engawa young academy 】学生インタビュー

2019年11月より、engawa KYOTOにて始まった多業種合同インターンプログラムengawa young academy(以下、eya)。第1期インタビュー、最後に登場するのは、参加学生の皆さん。代表して、最終プログラムの「イノベーション・ビジネスアイデア」プレゼンテーションの優勝チームメンバー(写真の左から)永井さん、寺田さん、藤原さん、射場さん、加藤さん、山下さんにご協力頂きました。   左)インタビュアー) 電通 京都BAC engawa young academy 事務局   湊 康明   ―みなさん、eyaへの参加、またインタビューへのご協力、ありがとうございます。では早速質問ですが、エンガワヤングアカデミーを終えての率直な感想は? 射場さん:開催は月一でしたが、4ヶ月間、日常の中で常に考えてないといけないので、ずっとどこかで負荷がかかっている状態だったと思います。一方で普段の1dayインターンは会うだけですが、eyaは日常の中で考える。それがむしろリアルで、いい勉強になったと思います。日々をどう過ごすかを考えなければならないインターンシップだったので、それはすごく勉強になったと思います。   加藤さん:一番印象に残っているのは、普段関わらない人と4ヶ月という期間、深く関われたことですね。考え方が更新されました。普通にインターンをしていて他学部・他分野の学生と会いますが、4ヶ月話したりというのは、ないですよね。大企業の方々ともプログラム終わって、お話できて。それを4ヶ月通して見ると、色んな影響を人から受けているなと感じました。僕の周りは理系が多いので、言葉遣いも違うし、指摘される言葉で自分の見え方みたいなものが全然違うと気づき、ハッとさせられることがありました。   ―参加メンバーのダイバーシティーがあって、勉強になったってことだよね。では、印象に残っているプログラムを教えてください。 チームクリエイト:  eya期間中のグループメンバーを、学生自身に決めてもらうプログラム メンタードラフト:  メンターが企業名を隠して、学生に対して自己紹介プレゼン。学生が希望するメンターを指名する。 ディベート(知的大運動会):  さまざまなテーマやお題に対してチーム対抗でディベート。投票で勝敗を決める。 イノベーション・アイデアプレゼン:  自グループのメンター企業のアセットを軸に、複数企業のアセットを組み合わせたアイデアをプレゼン。   寺田さん:チームクリエイトやメンタードラフトが印象に残っています。私はビジネスやインターンに遠いところで生きていたので、あまり誰かの言葉を評価したり、「この人とチームを作りたい」とか考える機会がなかったんです。(チームクリエイトの時)私は結構受け身で動いてしまったから、みんなが「この人とチームを組みたい」「こうすればチームを作れる」という発想になっているのをみて、「ここでこんな風に動けるんだ」と思っていました。   永井さん:メンタードラフトとイノベーション・アイデアプレゼンが印象に残っています。メンタードラフトは学生だけじゃなくて、社会人であるメンターの方も試されている感覚と、それに対する緊張感があったことが印象的でした。アイデアプレゼンに関しては、 “前提とか志向性の違う6人で1つのものを作ること”や“そもそもの枠組みを十年後から考える”とか“現代では出来ないぶっ飛んだアイデアがいい”とかが、普通のビジネスプランとは違うなと思いました。複数企業と関わって、いかにシナジー生み出せるのかを考えたのも、貴重な体験だったと思います。   ―ここengawa KYOTOのテーマが企業と企業を掛け合わせようというのがテーマだったから個人的に嬉しいです。他のメンバーの意見も聞きたいのですが、チームメンバーやメンターを自分で選ぶ、という仕組みはどうでしたか?   全体での自己紹介後、メンバーを選ぶチームクリエイトへ   山下さん:自分でチームを選ぶことで、得られる責任感があると思います。もし最初から決められたチームならば、ここまでやる気は出なかったと思うんです。今回のシステムだったら(相手に)指名されて(チームを)作るわけです。指名されると嬉しい訳で、自分を指名してくれた人々とチームを組むとなると、求められている自分を出さなきゃと思うと思うんです。皆、僕の思っていた人間像と全然違ったんですけど(笑)、結果何が大事かというと“自分が初めて組んだチームで距離感を図って、うまいぐらいに立ち回ってチームを運営する”ことだと思います。 メンターを自分で選ぶというのは、どこの企業か最初知らないと、本当に分からないものだというゲーム感覚のワクワク感がすごかったですね。誰を選んでも問題ない中であえてその人を指名するというのは、僕の中では小さい頃によくやっていたような大人に対するストレートな感じと似ていて、久々で楽しかったです。   藤原さん:他社のインターンシップに参加したことがいくつかあるんですが、やはり自分でチームやメンターを選ぶのはeyaでしか経験したことがないですし、仕組みとして面白いなと思いました。今後活動していくメンバーを自分で設計を立てられることにワクワクしました。   ―大人の真剣なところも見せる、というのも狙いの一つでした。では、複数の企業と関われる、という仕組みはどうでしたか? 射場さん:すごく面白かったと思います。複数の異業種企業の共通点と違う点を、同時に対比できたと思います。メーカーと広告会社が、意外と同じことをしていたり、同じ方向を見ていることが話の中で見えてきました。その次の瞬間には、メンター同士でピリッとした瞬間が見られました。   ―ピリっとした感覚とは? 射場さん:前に言ったことと違うことを次の人が言う時に、真っ向からぶつからないように言葉を選んでいる感じがすごくリアルでした。そういうのは基本的に隠すじゃないですか(笑)違う部分と似ている部分がそれぞれあって組織体ができているということを感じました。同じ場所に会社の中でも優秀な方が集まっているからこそ、社会人の方にもプレッシャーがあった気もしていて、それを感じられたのは貴重な経験だったと思います。   永井さん:6チームがあって、それぞれメンターによってチームの色があったのではないかと思います。その各企業の風土や特性がチームに反映されていたのは、複数企業だからこそだったのではないかと思います。   ―皆さんに、こちらの想定より深いところを見られていたんですね。。。では、エンガワヤングアカデミー、他のインターンシップと違うと感じられましたか? 藤原さん:違いました。学生の視点で言えば、インターンシップで短くて1day・長くて1〜2週間だと思うんですが、4ヶ月ずっと同じチームで走り続けるのは他ではない経験だったと思います。アイデアプレゼンだと、他のインターンシップだと会社のプロダクトにまつわる新規ビジネス立案が多いんです。それに対し、枠にとらわれず“10年後こういう社会がくる”というのを考えて、そこから課題を掘り下げる。既得権益なしで自由に思考していくのが、他のインターンシップではできない経験だと思います。ここでは、最後の発表でもそれぞれの班の個性がとても出ていたように、多様な方向に自由に考えてアイデアを練られた点が違うと感じました。   複数企業のアセットを組み合わせたイノベーション・アイデアをプレゼン     加藤さん:藤原くんに付随してですが、大企業のアセットを組み合わせるやり方が、デザインできる幅が広かったと思います。業界全体も動かしていけるんだと考えれば、あるべき未来を本当にデザインできるのかまで考えられました。未来に至るプロセスも、抽象論や机上の空論で終わるのではなく現実味があったのは、力のある企業だったからだと思います。   ―確かに。今回の参加企業の強みはそこもいかされてますね。鋭い指摘です。では、次の質問です。プログラムの前と後、自分が変わったなと感じる点はありますか? 山下さん:最初は意識せずに“与えられたプロダクトやテーマに向かってプレゼンするために何が必要か”という目線で生きていたんです。eyaは10年後の課題というお題が与えられていたので、日常の中で出来るだけその材料を集めたくて探していました。それが癖付いたと共に、その視点の大切さに気づきました。eya終了後も日常の中に潜んでいる課題に目を向ける癖がついたと思います。あとは“自分自身が課題になりうることをしていないか”という俯瞰的な視点・アンテナを持ち得たと思います。     ―他の皆さん、アカデミーを通じて得られたもの、学んだことは? 永井さん:eyaを通して、本質は何かを考えるようになりました。例えばディベートでも、ただ相手を言い負かす表面的なものではなく、情理と論理で相手を如何に納得させるのか、や「あぁ確かに」と思ってもらうことが本質だったのだと学びました。ビジネスアイデアに関して本当の意図は、今できそうな商品ではなく、10年後で時は令和で文化の時代に、“社会に対して企業間でどうシナジーを産み、何を成せるのか”を考えるべきだったと思うんです。表面的に現れるものを思考するより“それによって何が生まれるのか”や“その本質は何か”をあらゆる事象において考えるようになったので、それは学びだったと思います。   ディベートプログラムでの議論 加藤さん:結構僕的には、意識の高い学生が集まっていて、メンターの方も年齢層は様々でしたが、ある意味ロールモデルや未来像になるような人が一堂に会し、大きな未来をデザインしようとしている環境だったので、ここが“社会を変えていくホットスポット”だと思いました。 あとは、インターンシップとか学生で出られるビジコンで今まで培ってきたのは、フレームワークの多さ・エビデンスの量などのHOW論が多かったと感じます。eyaでは、それを相対化して壊し、絶対視しなくなったことが学びでした。僕たちはビジネスライクなチームで優勝は遠いと思われていたんです。それが4ヶ月かけて思考してやっていくと、優勝できました。一般的には手法論とかに終始しがちだけど、その上で「何が本質なのか」が議論されていたということですね。   ―次回、参加される学生に対してメッセージをお願いします。 射場さん:面白そうだと思ってくれている人に対しては、ブレることができるプログラムだと伝えたいです。型にはまっている人たちが、自分の型に気づき、違う型もあるということに劣等感を感じ、自分の今の型じゃない部分にも何かあるかもしれないと、ちらっと感じられるような経験になると思います。もちろん自分の型を強く持ち、ガンガン行く人もいるべきだとは思います。ただ逆に、なんとなく自分が出来てしまっているけど、「今のままでいいのか」「もっと輝ける何かがあるかもしれない」と自問自答している人にとっては、別の型に触れることで、自分に対してストレスを感じられる丁度いい環境が出来ていると思うんです。本当にあと一歩みたいな人が一番成長できるような場所になっていると思います。   藤原さん:一番刺激が得られるのは、多くの社会人・社員と話せることだと思います。どのインターンシップより、社会人の方々が多く参加されていることは間違いないと思います。学生より社会人の方が多いかも、と感じたほどです。僕なりの意見として、人間として成熟するために一番手っ取り早いのが、自分より年上の人と話す方法だと思っています。自分より何年も多く生きているだけ、経験や修羅場を乗り越えてきているので、そういう方から得られる刺激は自分を成長させてくれます。そういう経験をしたい人や新しい刺激を受けたい人にいいと思います。   寺田さん:集まった学生が今年みたいな人々であれば、何かしら特化した人たちが集まると思うんです。自分にないものを持っている学生や明らかに接したことがない人が沢山いる環境で、自分がしてきたことや出来ることをどう活かせるかを考えることがすごく多いんです。その中で、自分として周りの影響を受けつつ、自分の居場所を探していくことをしてほしいと思います。「あの人はこれがすごく出来る」となった時に、「自分のしてきたことは何だったのか」「私がこの場所で果たせる役割は何なのか」を自問自答したことがありました。でも、何かしらここにいる意味はあると考えた時に、「あの人と同じことをする必要はないから、自分だからこそ出来ることを4ヶ月あれば得られる」と思ったんです。なので、そこを改めて考える機会にしてほしいと思います。   プログラムを終えた皆さんと、チームメンターを務めた積水ハウスの皆さん    

#インタビュー

【 engawa young academy 】 イノベーターインタビュー 後編

engawa young academy(以下、eya)では、各企業の最前線で新しいフィールドを切り拓いている皆さんに、プログラム「イノベーター見本市」に参加いただきました。新規事業のことやeyaに参加しての感想などインタビューしましたので、ご紹介します。 後編は、みずほフィナンシャルグループ、日本たばこ産業、電通の皆さんです。 (前編は、 こちら )   − みずほフィナンシャルグループ 渋谷さん −   みずほ証券 投資銀行本部 テレコム・メディア・テクノロジーセンター ディレクター 渋谷 直毅さん   ―渋谷さんが関わっている、みずほフィナンシャルグループ(以下、みずほFG)での新たな事業領域や取り組みを教えてください。 今最も注力しているのは、日本全体の命題である“新しい産業・経済をどうやってつくるか”について考え、実行することです。例えば、ベンチャー企業が、特に高成長を志向する赤字のベンチャー企業が、どのように成長のための資金を調達するのか。銀行サイドからみれば、どのようにして融資するか、証券/投資銀行サイドからみれば、どのように投資家と結び付けるか、といったことです。銀行でいえば、融資は実行したら当然返ってこないといけないのですが、赤字のベンチャー企業でどのようにそれを確かなものにするのか、従来の銀行ロジックとは異なるどのようなブレイクスルーで可能にしていくのかということ。証券/投資銀行でいえば、赤字であっても、ビジネスモデル等から事業の継続性の上で問題なく、むしろ成長性をみれば投資対象としていかに魅力的であるかという点を投資家に対して訴求することや、これまで日本国内の投資家としか接触していなかったところを海外の投資家とも行う、などといったこと。そしてこれらベンチャー企業に対して多種多様な金融サービスを提供することこそが、みずほFGにおける新しい取り組みですね。特に私はインターネットテクノロジー/メディア系の企業を多く担当しているのでその文脈のど真ん中にいますが、グループ全体としても、これからの日本を担う、日本の産業や経済を作っていく企業と積極的にお取引させていただいています。従来の金融の考え方では出来なかったことを、逆転の発想なども用いて取り組んでいます。   ―企業のスタンスがそこまで変化しているんですね。本日、eyaの学生にそういった取り組みをお話して頂きましたが、印象に残ったことを教えてください。 私は経済・ビジネスを中心にお話しさせていただいたのですが、「文化的側面はどう考えているのか」という質問があったのが印象的でした。世の中が経済的側面だけではなく、文化的側面からも色濃く成り立っていると理解している成熟した学生がいるのだなと強く印象に残りました。あと、皆さん視座が高く頼もしいなと思いましたね。受け身ではなく能動的に、この機会を使ってちゃんと吸収したいと思っている方が多いと思いました。せっかく各社から人を引っ張ってきている機会なので、これからの活動の参考にしたいという思いを強く感じられましたね。こういう意欲的な若者が多いのであれば、もっとこの国は良くなるように思います。   ―では、学生に向けてのメッセージをお願いします。 こういう場で色々な人と会ってディスカッションして色々なインプットを受けて、かつアウトプットする場も提供されていますので、その経験そのものが価値になりますし、それが自分自身を高めていくことにつながると思います。社会人になっても、その連続です。これからも、受け身ではなく、能動的に社会に対してどのようにコミットメントしていくのか、是非考えていただきたいです。 みずほFGに関していえば、母体となっているのが、日本興業銀行・第一勧業銀行・富士銀行などなのですが、日本興業銀行は、日本でどう産業を起こすか・経済を強くしていくかということをミッションとして出来た銀行であり、第一勧業銀行(第一銀行)を作った渋沢栄一は、今でも日本の歴史上最も多くの企業を設立したと言われているまさにアントレプレナーの代表ですね。みずほFGは、そのアントレプレナーシップを強く持っている企業をサポートしたいと思っている金融機関であると思います。もちろん、今日の日本の産業・経済の根幹を担う企業とのお取引が主体でもあります。ポジション・役割は、働き方によって様々なものがあり、手を挙げたら、色々なことが出来る機会を得られます。もしご関心があれば検討いただければと思います。     − 日本たばこ産業 神谷さん −   日本たばこ産業 たばこ事業本部 事業企画室 採用研修チーム 次長 神谷 なつ美さん   ―神谷さんが関わっている、日本たばこ産業(以下JT)での新たな事業領域や取り組みを教えてください。 今は、採用や若手の成長支援に関わっていますが、会社のキャリアの中で新規事業で、JTが出資しているベンチャー企業で子ども向けのムック本の編集長や子供が家で楽しむ工作キットの販売をしていました。   ―子ども向けのムック本や工作キットは、どのような意図・文脈でやられたのですか? 私は今、採用業務が2回目なんですね。1回目の採用業務の時に、学生と会う中で「将来こうなってしまうよね」「その中で何ができるか」と言って、自分たちで世の中を作れる最初の一歩のはずなのに、閉塞感があるなとモヤモヤしていたんです。その後、産休中の長男と話の中で、赤やピンクが好きっだった長男が「友達がこう言うから青にしようかな」と言っているのを見て「世の中こうであるべきだ」というのは、いつの間にか決められていくのだなと思い、またモヤモヤしていたんです。 その後、産休から復帰した際に、ベンチャー企業へ出向の話が来ました。そこで「何でもいいから新規事業やってみないか」と言われたんです。「Amazonで本を売ろうかな」と思って内容を考えた時に、就活生や自分の子どもに対して女っぽい・男っぽいなどの訳の分からない区切りなど、大人が便宜上分けたものに縛られずにニュートラルに物を見ることを発信すれば変わると考えました。それはJTのコンセプト“人が人らしくあるため”の物の見方にも合致すると思いました。そこで“世の中はいかに面白いか”“いかに色々な物が繋がっているか”を発信する本を作ろうと思ったんです。   ―JTの思想から本へと、コンセプトが繋がってるんですね。本日も学生にそういった取り組みを通じてお話し頂いたと思うのですが、印象に残ったことを教えてください。 面白いと思ったのは「自分の人生を自分のためだけに使ってもいいのか。でもやっぱり他者貢献もしたい。」みたいな話です。実はそれって分けるべきではなくて、“自分の幸せ=隣の人の幸せ”であってほしいし、“人の幸せ=自分も嬉しい”だと思うんです。選択する必要がないことを、一つに絞らないといけないという概念で動かれている方が多いように感じました。自分を信じて自分本位でいても、それが周りを幸せにすることだと分かれば、肩の荷が降りると思います。アカデミア・企業どちらかではなく、これからの時代は両方でいいですよね。   ―では、学生に向けてメッセージをお願いします。 本日の新規事業のところでも話したのですが、“何が新しいのか”も難しいですよね。良い・悪いではなく「自分がベストエフォートを出せるか」というシンプルなことだけを考えると、もっと様々な道が開けると思います。迷った時に「飛びついていいのでしょうか」という質問がよくありますが、それは今までよりもっと面白いことを見つけたということでいいのではないかと思います。自分の奥にある気持ち、なんとなくの違和感にはきちんと立ち止まって、いけると思ったら考えすぎないようにしてほしいです。あとは、大事なことは自分で選べていることを信じて、気楽にやってもらえるといいなと思います。     − 電通 志村さん −    電通 京都ビジネスアクセラレーションセンター 事業共創部 ディレクター 志村 彰洋さん   ―志村さんが関わっている、電通での新たな事業領域や取り組みを教えてください。  一社単独では実現/解決できない強いテーマ、具体的には、ゲノムや宇宙、デジタルセントラルバンクなどの壮大な領域/テーマに対して、N対Nの関係性で共創を誘発し、新しいイニシアティブ(景色)を創ることを主にやっております。その文脈、またはオポチュニティとも言って良いものに、必要であれば、企業やスタートアップを様々な接続の仕方で繋いでいく、ということをしています。その他、国の事業/スマートシティーのプロデュース、先進技術/システム開発のコンサルティング、イノベーションマネジメント、知財を核とした新規事業開発や国際標準化活動などにも取り組んでいます。 どの取り組みも、中長期的な視点と短期的な収益が求められるタフなものばかりですが、その中でも一番重要な取り組みは、立場や状況を越えて、これらの取り組みを共に推進しようと思って集まって来てくれる仲間を、成功や失敗というつまらない尺度だけではなく、飽きさせないことですね。   ―本日、eyaの学生にそういった取り組みをお話をして頂きましたが、印象に残ったことを教えてください。 率直な感想としては、聞き上手な方が多くて驚きました。コトの経緯を確認する方が多く、結果よりプロセスに拘っている方が多いと感じました。また、経緯の中でも最上流である活動の根源となる「原動力」を確認したいという質問も多く、所謂事業が生起する際のテクニカルタームの質問が少なくて感心しました。 一方で、今回、合同で複数企業が取り組んでいる特徴を活かして、例えば、イノベーター同士の発言を比較して矛盾を突いたり、聞き触りの良い発言を真っ向から否定してくる意見も期待していたので(それぐらいのパワーが学生さんの中に眠っているように直感では感じました)、そのあたりは自分としても何でも言ってもらいやすい雰囲気の醸成とengawaの部屋構成の物理的突破が出来ていなかったなと、反省しています。   ―では、学生に向けてのメッセージをお願いします。 VUCAの時代に、答えがない/正解がないのは当たり前なのですが、それゆえ、イノベーターと呼ばれるような納得感の高い話を出来る人の意見に、耳を傾け過ぎる傾向があると思っています。(ただでさえ、成功体験を多く語りがちな)特定のイノベーターへの陶酔は厳禁だと思っていて、常に「自分という考え方」を持っている必要があると思います。新しいことを生み出す際に、一定の経験やコツは活かせると思うのですが、まさに新しい事業な訳ですから、与件も前提も違うその新しい考えと、その考えを検討している当事者の信念が何よりも重要です。ここにこうして私の意見として記載してあることの前提すら疑って欲しいです。 また、もう1つのメッセージとして、これから一人で社会で戦っていくことを考えている方もいるかもしれませんが、もし何かしらの企業やチームに属して社会で戦おうとするなら、目の前にいる企業の人員で使えそうな人がいるか、採用活動等で横にいる同年代の仲間で頼りになる人はいないかという、個ではなく「群のヒューマンリソースの発揮の仕方」は常に検討しておいた方が良いと思います。関係性によって物事が進んでいくのであれば、採用やビジネスでも、その関係性自体が採用されるのが一番理想であるはずです。中途採用やM&Aを考えればイメージしやすいですよね。複数企業合同の今回の取り組みが、その最初のきっかけになれば幸いです。